薄毛-育毛TOP薄毛対策、育毛の為のシャンプー講座>薄毛の育毛にも効果的?正しいシャンプーの方法



薄毛の育毛にも効果的?正しいシャンプーの方法

正しいシャンプーの方法

薄毛対策には、育毛シャンプーを使って頭皮環境を整えると効果的ですが、 正しいシャンプーの方法を実践すると、さらに育毛効果が得られます。

髪の毛が抜ける原因

髪の毛が抜ける原因は、ストレスやホルモンバランス、生活習慣、頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌など色々と挙げられますが、薄毛や抜け毛の気になる方に共通している 原因は、頭皮が硬化していることです。皮膚が硬くなっているために、血行が悪くなり、健康な髪を作るのに必要な栄養が、毛根などにしっかり届かなくなってしまうのです。
ですから、脱毛を防いで育毛を促進するためには、コリをほぐし血行を改善することが大切です。
頭頂部を押してみて、指を押し返すような弾力があれば、血行も良く新陳代謝も良い状態ですが、カチカチで皮膚が摘めず、押すと痛いようであれば、かなり凝っていて血行不良の状態ですので、改善が必要です。

髪の抜け毛

頭皮をマッサージして動かしましょう

頭皮のマッサージは、頭全体をやさしく揉みほぐすようにしますが、髪を擦るのではなく、頭皮を揺り動かすように下部から上部へと移動させていきます。
爪をたてないように気を付けて、指頭で掴んだり押したりします。
凝って硬くなっていると最初はなかなか動きませんが、毎日少しずつ続けることで徐々に柔らかくなって、マッサージしやすくなります。
入浴中や入浴後など、皮膚が潤い血行も良くなっている状態で行うと効果的です。
マッサージによって、毛穴の皮脂が押し出され、育毛剤なども浸透しやすくなりますし、血行が促進されるので、毛根に栄養が届きやすくなり、さらに、コリがほぐれることで髪が成長しやすくなります。

育毛を促進する?様々な手の形

これから成長していく新生毛が抜けるのを防ぎ、頭皮の血行を良くすることで、抜け毛予防と育毛促進に効果を発揮する「髪様シャンプー」という方法があります。

神様シャンプーを考案した板羽忠徳さん


全国理容連合会名誉講師。全国理美容中央学園講師。
中央理美容専門学校講師などなど様々な肩書を持ち、「いうもうの髪(神)様」としてメディアなどでも夏訳注。


例えば、おでこから頭頂部にかけての薄毛対策には、両手の親指と人差し指の2本1組で、摘み上げるように揉んでいく「カニの手」という組手が効果的です。
頭頂部には、親指以外の指を組んで手のひらを頭頂部に当て、真ん中に持ち上げるように頭皮を動かす「エイの手」が効きます。
この組手で親指を使って、首筋の天柱というツボを刺激すると、頭皮の血行促進にもなります。他にも「サザエの手」や「イソギンチャクの手」などがありますが、いずれも髪を擦らず頭皮だけを刺激することがポイントです。

カニの組手

カニの組手


名前の通り両手でカニのような形を作ります。 人差し指と親指を中心におでこから頭頂部に向かって マッサージしていきます。


エイの組手

エイの組手


両指を組親指を立てるのがエイの組手。
手を組んだまま頭の後ろまで手を回し親指で後ろの首筋を刺激します。
また両掌を使って指圧することで頭皮の血行を促進し育毛促進します。


サザエの組手

サザエの組手


こぶしを握り、親指の関節部分で髪の生え際を中心にグリグリと刺激していきます。


イソギンチャク

イソギンチャクの組手


こぶしを握り、親指の関節部分で髪の生え際を中心にグリグリと刺激していきます。


関連記事

記事1AGA(男性型脱毛症)の治療と予防対策
記事2若年性性脱毛症
記事3壮年性脱毛症

育毛シャンプーをお探しですか?

男性用育毛シャンプーはこちら▼
男性用育毛シャンプー人気ランキング

女性用育毛シャンプーはこちら▼
女性用育毛シャンプー人気ランキング



ページのトップへ

育毛・薄毛サイトトップページへ