薄毛-育毛TOP薄毛対策、育毛の為のシャンプー講座>薄毛の方必見!薄毛予防シャンプーを買う際に注目したい成分まとめ



薄毛の方必見!薄毛予防シャンプーを買う際に注目したい成分まとめ

薄毛の方必見!薄毛予防シャンプーを買う際に注目したい成分まとめ

薄毛の予防や改善のためには、育毛や発毛を促す有効成分が配合されているだけでなく、頭皮を傷つける成分が含まれていないシャンプーを選び、頭皮環境を整えることが大切です。

合成界面活性剤は避けましょう

シャンプーは、成分の90%以上が水と洗浄成分で構成されていますが、その洗浄成分には、通常、界面活性剤が使われています。

レシチンやサポニンなどの天然界面活性剤は、比較的頭皮への刺激は弱く、優しい洗い心地です。一方、合成界面活性剤には、多くの種類があり、頭皮への刺激が強いものもあれば、頭皮や髪にやさしいものもあります。
高級アルコール系(石油系)・石鹸系・アミノ酸系などに分類されますが、特に避けたほうが良い合成界面活性剤は、高級アルコール系(石油系)です。
成分表示のラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどがこれにあたり、頭皮の脂まで落とし過ぎ、乾燥や薄毛の原因となります。

合成界面活性剤イメージ

乳化剤も避けましょう

シャンプーには界面活性剤以外にも乳化剤が含まれています。
その中には、避けたほうが良い化学成分もあり、その代表的なものはプロピレングリコール(PG)やポリプロピレングリコール(PPG-7)で、保湿剤としての働きもあります。
弱い皮膚毒性が確認されており、頭皮に付着すると皮膚のバリア機能が破壊され、有毒物質が体内に侵入・蓄積する可能性があります。また、ジタノールアミン(DEA)は、皮膚への刺激性や腐食性、発がん性などの危険をはらんでいますので、薄毛対策には、これらの成分を含まないシャンプーを選ぶことが大切です。

乳化剤イメージ

有効成分まとめ

有効成分

医薬部外品などの化粧品、シャンプー、育毛剤などに含まれる有効成分「グリチルリチン酸2K」は、殺菌作用や抗炎症作用があるため、ニキビケアや頭皮ケアに効果があります。
漢方薬の甘草から抽出される成分で、甘草エキスともいわれます。
抗男性ホルモン作用による育毛効果も期待されますが、基本的にはフケやかゆみ、肌荒れを防ぎ、頭皮環境を整えることによって、脱毛防止や健康な髪の発毛・育毛効果を示す有効成分です。

ステロイド様作用があるため、副作用が心配される成分でもありますが、厚生労働省により化粧品などに配合できる量は規定されているので、よほど大量に肌に付けることがない限り、人体に悪影響はないとされています。

育毛シャンプーをお探しですか?

男性用育毛シャンプーはこちら▼
男性用育毛シャンプー人気ランキング

女性用育毛シャンプーはこちら▼
女性用育毛シャンプー人気ランキング


関連記事

記事1ノンシリコンシャンプーとは?
記事2FAGA(女性男性型脱毛症)
記事3薄毛育毛都市伝説


ページのトップへ

育毛・薄毛サイトトップページへ