薄毛-育毛TOP薄毛対策、育毛の為のシャンプー講座>市販シャンプーは危険?薄毛まっしぐらなシャンプーの特徴



市販シャンプーは危険?薄毛まっしぐらなシャンプーの特徴

正しいシャンプーの方法

髪・頭皮によくない市販シャンプーがあるのをご存知でしたか。
気になる薄毛改善のために育毛シャンプーを使う前に、今お使いのシャンプーを見直してみましょう。

綺麗にしすぎが薄毛の原因に?

石油系のシャンプーや硫酸系の洗浄成分は頭皮によくないと言われています。
というのは洗浄成分が強すぎるためです。
本来のシャンプーの目的は頭皮を洗うことですが、なぜか髪を洗うことに注目が集まり、洗浄力の強さばかりに着目していたのです。
もちろん髪に付いた汚れを落とすのも重要ですが、埃や汚れは水で流すだけでも充分に落ちるのです。
もちろん整髪料などを使った場合はそれだけでは無理ですが、洗浄料が強すぎると頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、健全な頭皮環境を保てなくなるのです。
皮脂は天然の保湿剤という重要な役割を果たしているので、完全に洗い流してはいけないのです。

シャンプーが薄毛の原因?

シリコンシャンプーが毛穴詰まり原因にも

シリコン入りシャンプーも問題です。
髪のキューティクルを保護するためにコーティング剤として使用されるのがシリコンです。
髪を外部刺激から守るという意味では有効ですが、実は頭皮にとってはあまりよくないというのです。
というのは毛穴に詰まって発毛を阻止する可能性があるからです。
髪は毛穴から生えますが、そこが詰まっていると健やかに生えることができません。
そもそもシャンプーとは頭皮の汚れを落とすものであるのに、その行為によって毛穴が詰まっては逆効果です。
つまりシリコン入りは健やかな頭皮環境を保つのに適さないのです。

市販シャンプーが危険なわけ

なぜ市販のシャンプーには危険なものが多いのか?
それはズバリ、大型量販店などで安価で販売するために低コストで大量生産することができる、化学合成の成分を使用している場合が多いからです。
裏を返すと数百円という安価でシャンプーやリンスなどを購入できるのはこの為です。

洗浄成分の強いシャンプーに、使い心地をよくする為のシリコンを入ている。
そういったシャンプーを使うのは、食器洗い洗剤でシャンプーを行っているようなものなのです。

薄毛対策に強い育毛シャンプーとは?

育毛シャンプー

最近男性、女性共に若年からの薄毛や神やせが増えており、育毛シャンプーやノンシリコンシャンプーに注目が集まっています。
一般の安価な市販シャンプーとの違いは、洗浄成分などに製造コストがかかっても安全性の高い成分や、育毛などに有効とされる天然成分などを使っているものが多く、程よい洗浄成分で頭皮を保護し育毛環境をサポポートします。

唯一のデメリットは、こだわりの成分や製造方法にコストがかかってしまうため、安価なシャンプーと比べ価格は高めです。

しかし、毎日行うシャンプーは薄毛対策にはもっとも重要と言えます。
また、1日の使用量を考えるとコストの違いは1日数十円といったところです。

1日数十円で大切な髪を守るサポートができると考えればけして高いものではないと思います。

育毛シャンプーも1,500円ぐらいから1万円ぐらいまで値段もまちまちで、入っている成分などで育毛成分に特化しているものや、頭皮のほどに優れているもの、脂性を抑えるものなど様々です。
シャンプー選びの第一歩は、自分に合ったシャンプー探が大切です。

↓おすすめの育毛シャンプーと特徴をチェック

育毛シャンプーをお探しですか?

男性用育毛シャンプーはこちら▼
男性用育毛シャンプー人気ランキング

女性用育毛シャンプーはこちら▼
女性用育毛シャンプー人気ランキング


関連記事

記事1AGA(男性型脱毛症)の治療と予防対策
記事2若年性性脱毛症
記事3壮年性脱毛症


ページのトップへ

育毛・薄毛サイトトップページへ