お気に入りに登録

男性の育毛

薄毛-育毛TOPみ»薄毛都市伝説»帽子と薄毛»検証

胸毛が濃いと薄毛になる?


>file2  室内で帽子をかぶるとハゲる?

小さい頃よく親御さんなどに「家の中で帽子をかぶるとはげになるよ!」と注意されませんでしたか?
この室内で帽子をかぶるとはげる説は全国的に広まっている噂のようです。
帽子をかぶると頭皮が蒸れて髪によくないなどもっともらしい理由がセットになる事もありますが、帽子愛好家の人や薄毛を気にしてよく帽子をかぶる人にとっては非常に気になる都市伝説です。

胸毛
by:Elizabeth Welsh


A:△  帽子とはげとの関係に1部ににおいて信憑性あり!

本来帽子というのは、頭部を保護する為やその形などから身分の階級をあらわしたりするものとして古くより使用されてきました。
頭部の保護とは、落下物や衝突などの衝撃だけではなく、日よけであったり保温の為という事も含まれます。

頭部というのは体の部位で最も紫外線を浴びやすい部分です。
もともと大事な体の個所である頭部を守るために髪の毛があります。
その髪の毛が薄くなてしまうとそれらの刺激を直接頭部に受けることになります。
頭皮に紫外線を浴びる事は大きなダメージとなる為、出来る限り避けた方が良いでしょう。

また、頭皮の温度が下がって血行が悪くなることは、毛根に十分な栄養がいきわたらず、薄毛の原因にもなりかねません。
そういった意味では、むしろ帽子は薄毛に悩む人にとってお勧めのアイテムと言う事になります。

では、薄毛の人にとって帽子は常にかぶっておいた方が良いでしょうか?
答えは×です。
上記では頭部保護の観点から帽子を考えましたが、頭皮というのは汗や 皮脂などが非常に多く出やすい部分でもあります。
ましてや無風で湿度の高い室内で帽子をかぶりっぱなしにしていると頭皮が蒸れるというのもうなずけます。
汗や皮脂を放っておくと、雑菌などが繁殖しやすい環境となり頭皮にとって悪影響を与えます。育毛の基本は頭皮を清潔に保つことです。
毎日同じ帽子をかぶったり、室内で長時間かぶったりすることは避けた方がいいでしょう。

帽子=頭皮に悪いという噂がまことしやかに広まった背景には、昔から軍隊などでは室内で帽子をとることはマナーとされており、目上の人への敬礼の一つとなっている国もありました。
その名残で現代でも室内での脱帽は世間でのマナーと考えられており、室内で帽子をかぶっている人に対しての注意の際に「室内で帽子をかぶるとハゲるぞ!」という脅し文句が噂として広まったと考えられています。

19世紀から20世紀にかけてヨーロッパでは山高帽が紳士のアイテムとして大流行していました。
そのころ「室内で帽子を脱ぐようならその男性は本当の紳士、帽子を脱がないのであれば紳士を装ったただの男。帽子をかぶっていなければ紳士のふりをする事さ えあきらめている男である」と言われていたそうです。

あなたも室内ではさりげなく帽子をとって、紳士になってみてはいかがでしょうか?きっとあなたの頭皮も、周りの人も気持ち良く過ごせると思いますよ。

薄毛都市伝説目次へ戻る

NEXT→
白髪が多人は
ハゲにくい?


ページのトップへ

育毛・薄毛サイトトップページへ