薄毛-育毛TOP>薄毛育毛用語集>若年性脱毛症


若者でも薄毛になる?若年性脱毛症とは?

若年性脱毛症

若者を悩ませる若年性脱毛症

若年性脱毛症とは、20代から30代の男性に多く症状が見られる脱毛になります。
つまり男性型の脱毛症になり、若い年齢で症状が発生することが多いです。
中には10代で若年性脱毛症の症状が見られることもあります。
このような若い年の時期は、まだ髪が活発に生える年代でありながら、抜け毛や薄毛の原因として挙げられるのがホルモンのバランスの乱れです。
ホルモンのバランスが乱れる原因には、生活習慣やストレスが大きく関係しています。
それはファーストフードやインスタント食品を食べ続ける生活や不規則な生活習慣が、ホルモンのバランスを乱す原因として挙げられます。
また大きなストレスをかけ続けることでも抜け毛や薄毛の原因になります。
しかし若年性脱毛症の場合、早期に治療をすることで改善することができます。
それは若い年代は、まだ新陳代謝が活発のため、適切な育毛の対策をすることで改善する確率が高いからです。
まず育毛の対策として、一般的な男性の治療に加えて、生活習慣を改めることが必要になります。
そして正しいヘアケアをすることで若年性脱毛症は改善することができます。

関連記事

記事1AGA(男性型脱毛症)の治療と予防対策
記事2壮年性脱毛症
記事3薄毛と男性ホルモン

育毛シャンプーをお探しですか?

男性用育毛シャンプーはこちら▼
男性用育毛シャンプー人気ランキング

女性用育毛シャンプーはこちら▼
女性用育毛シャンプー人気ランキング



ページのトップへ

育毛・薄毛サイトトップページへ