薄毛-育毛TOP薄毛育毛用語集>還元酵素5αリダクターゼ


薄毛の原因?還元酵素5αリダクターゼとは?

薄毛

還元酵素5αリダクターゼと薄毛の関係

男性は思春期以降、男性ホルモンの1種、テストステロンが分泌されています。
テストステロンが皮脂腺に含まれる還元酵素5αリダクターゼと結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換します。このDHTが薄毛との関係があります。
DHTは毛母細胞の活動を低下させ、薄毛を進行させるのです。これを男性型脱毛症(AGA)といいます。
男性型脱毛症の特徴は額の生え際や頭頂部から薄毛が進行することです。
男性型脱毛症の場合、還元酵素5αリダクターゼを阻害する働きをする育毛サプリメントや育毛剤、育毛シャンプーを使用する事で薄毛予防のサポートができます。
現在、厚生労働省が薄毛に効果があると認めている育毛剤はフィナステリド、ミノキシジル、塩化カルプロニウムがあります。
また、ストレスや生活習慣の乱れ、栄養不足なども薄毛の原因になります。
薄毛の改善には、頭皮や髪にダメージを与えないことや、髪に必要な栄養をしっかりとるなどの生活改善も必要です。

関連記事

記事1AGA(男性型脱毛症)の治療と予防対策
記事2若年性性脱毛症
記事3壮年性脱毛症

育毛シャンプーをお探しですか?

男性用育毛シャンプーはこちら▼
男性用育毛シャンプー人気ランキング

女性用育毛シャンプーはこちら▼
女性用育毛シャンプー人気ランキング



ページのトップへ

育毛・薄毛サイトトップページへ