薄毛-育毛TOP>薄毛育毛用語集>壮年性脱毛症


年と共に抜け毛が・・・壮年性脱毛症とは?

壮年性脱毛症

壮年性脱毛症の特徴

壮年性脱毛症とは、青年期から壮年期に起こる男性型脱毛症で、加齢とともに起こる確率が高くなります。
薄毛の原因として、男性ホルモンが大きく関与しいるといわれており、男性型脱毛症は、男性ホルモンの受容体に関係する遺伝的な要因をもつ人の場合、もたない人と比較すると発毛抑制の信号が強くなってしまい、壮年性脱毛症が起こりやすくなります。
額の生え際や頭頂部から脱毛が進行するのが特徴です。
血液中の男性ホルモンが、毛根のなかにある毛乳頭細胞に取り込まれると酵素と結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)という活性型男性ホルモンになって、毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と結合します。そうすると、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞では発毛を抑制する信号が出されます。
壮年性脱毛症の治療としては、医師の処方による内服薬や一般医薬品の発毛・育毛剤などがあります。
洗い過ぎなどの間違った洗髪法や栄養不足、睡眠不足、喫煙、紫外線など様々な薄毛の原因となる悪習慣をやめて、育毛シャンプーや育毛剤を上手に使用して頭皮の血流不足を解消し、健康な毛髪を育てることが大切です。

関連記事

記事1AGA(男性型脱毛症)の治療と予防対策
記事2若年性性脱毛症
記事3薄毛と男性ホルモン

育毛シャンプーをお探しですか?

男性用育毛シャンプーはこちら▼
男性用育毛シャンプー人気ランキング

女性用育毛シャンプーはこちら▼
女性用育毛シャンプー人気ランキング



ページのトップへ

育毛・薄毛サイトトップページへ